FC2ブログ

新築 リフォーム 木造建築が稼業です。

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

ガーデンキーパーの庭 

 |

倉敷も今日は暖かくなりました。
園芸と手芸の店ブラン カート店をオープンさせて後は実店舗で店番しながら庭仕事をしました。

今日はバラの新苗を庭におろしました。

小さな庭にバラを植えるには、ただ好きだからではいけません。

色や香りに剣弁咲、ロゼット咲き、ついついそんなことばかりに目がいきますが、絵になる庭を作るには樹形が重要です。それはバラだけに限りませんがね。

今日植えたバラはキャサリンモーリー、クロッカスローズ、スィート・ジュリエット、シャルロットマダム・アーディー。
イングリッシュローズ4本とオールドローズ1本です。

キャサリンモーリー、クロッカスローズ、スィートジュリエット、シャルロットは超メジャーなイングリッシュローズだと思うのですが、私はなかなかこの4本を認識?することができません。

ので、自分の庭に植えました。自分の庭に植えれば、さすがに覚えるだろうと思って。
でも、まだ混乱しそうな感じです。

整理すると、
キャサリンモーリーは 優しいピンク色の大輪でカップ咲きからロゼット。木立ち性
シャルロットは黄色のイングリッシュローズではもっとも美しい品種のひとつ。グラハム・トーマスを親にもつ優良種。木立ち性
スイートジュリエットはアプリコット、黄色、ピーチピンクの複雑な色合いの大株種。暖地で繰り返し咲く。
木立ち性。
クロッカスローズ、濃いアプリコットからクリーム色。日当たりを好む。木立ち性だが小さいアーチに適す。
こんな感じです。

でっ、小さい庭に植えるならつるにならなバラがおすすめです。

この私を混乱させる名前の4種のイングリッシュローズは偶然小さな庭に向く樹形だったのです。

今年は暖かくなるのが遅く庭はまだまだ殺風景。
でも、近づくといろんな子が顔を出していてガーディナーは心躍らすのでしょう。


P1010938_convert_20120407130911.jpg

↓↓をクリックしてご来店お待ちしたいます。遊びにきてくださいね。
園芸と手芸の店 カート店営業中
22:16 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://brun87.blog89.fc2.com/tb.php/180-fba5f1a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。